RYOMADNA

松平春嶽i  2021年10月16日   坂本龍馬《まとめ》
土佐の彗星 文久2年(1862年)3月に土佐を脱藩した坂本龍馬は江戸の桶町千葉道場に身を寄せました。武市瑞山ひきいる土佐勤王党とは距離を置きながらも連絡をとり合っており、9月頃に間崎哲馬・門田為之助・ ……

町娘  2021年09月29日   坂本龍馬《まとめ》
リョーマの奇行 坂本龍馬が脱藩する半年前の文久元年(1861年)9月13日、平井加尾に送ったふしぎな手紙があります。加尾は土佐勤王党の同志・平井収二郎の妹で、このとき24歳。安政6年(1859年)に前 ……

馬  2021年09月27日   坂本龍馬《まとめ》
時勢切迫 文久2年(1862年)2月29日、坂本龍馬は約4ヶ月の剣術詮議を終え土佐に帰国。ただちに土佐勤王党主・武市瑞山をたずね、久坂玄瑞との会談や視察してきた情勢を報告しました。 長州藩では「航海遠 ……

旅人  2021年09月09日   坂本龍馬《まとめ》
水戸の遊説家 安政5年(1858年)11月19日、江戸から帰国した坂本龍馬のもとに加藤於莵之助・菊地清兵衛を名のる手紙が届きました。加藤の本名は住谷寅之助、菊池は大胡聿蔵。彼らは水戸藩の尊王攘夷派で、 ……

 2021年08月06日   信長の野望《龍造寺家》
鍋島信房 列伝 龍造寺家臣。清房の庶長子。藤津衆を統率する。弟・直茂に従い、常広城主として鹿島を治めた。のち肥前神代に所領を与えられ、神代鍋島家の祖となった。

上瀧信重  2021年08月05日   信長の野望《龍造寺家》
上瀧信重 列伝 龍造寺家臣。志摩守と称した。大村弾正、犬塚弾正、百武志摩守とともに「両弾二島」と賞賛された武勇の士。主君・隆信の命を受けて大村弾正を誅殺した。

拝一刀i  2021年08月05日   信長の野望《その他》
拝一刀 列伝 子連れ狼。幕府の公儀介錯人を務めたが、柳生烈堂の策謀によって一族は皆殺しとなる。幼き子・大五郎を連れて逐電し、恥辱をそそぐため冥府魔道に生きる鬼。

犬塚鎮家i  2021年08月05日   信長の野望《龍造寺家》
犬塚鎮家 列伝 龍造寺家臣。弾正と称す。「両弾二島」の1人。犬塚家は蒲池家の庶流で、はじめ少弐家に属す。のち龍造寺隆信に仕えて肥後侵攻など数々の合戦で活躍した。


 TOP