RYOMADNA

1. 幕末最大の謎

近江屋事件

慶応3年(1867年)11月15日、この日の京都は朝から夕刻まで雨がふる、底冷えのきびしい一日でした。

その夜、河原町通蛸薬師下ル醤油商・近江屋の二階奥の間で、坂本龍馬は、同郷の同志・中岡慎太郎、岡本健三郎をむかえ、談義に花を咲かせていました。

隣の部屋には龍馬の従僕・藤吉がひかえ、近所の書店・菊屋のせがれ峰吉も、中岡に伝言をとどけるために来ていました。

やがて空腹をおぼえた龍馬が「軍鶏鍋を食べたい」と言い出し、峰吉が近所に買いに出かけます。同時に岡本も野暮用があると、いっしょに辞去しました。

この少しあと、数名の刺客が近江屋をおとずれ、龍馬に面会をもとめてきます。

階下で取り次いだ藤吉が、龍馬のもとへ行こうと階段をあがったところで、背後をいきなり斬りつけました。

藤吉がたおれる物音に、だれかがふざけていると勘違いした龍馬は、「ホタエナ」と一喝します。

直後、2人の刺客が部屋に乱入し、1人は「コナクソ」と発しながら、手前にいた中岡の後頭部を斬撃。同時に、もう1人が龍馬の額を横に斬りつけました。

それでも、龍馬は床の間にある刀を取ろうと振りかえったところを、袈裟がけにされ、さらに三太刀目を鞘のまま受けますが、またもや額を斬られ、その場に崩れ落ちました。

一方、中岡は腰にさしていた短刀で応戦しますが、初太刀の深手で思うように体が動かず、手足をさんざんに斬りきざまれ意識を失います。

龍馬と中岡をたおした刺客たちは、「もうよい、もうよい」との言葉をのこして引きあげていきました。

一瞬の出来事でした。

ほどなくして龍馬は意識を取り戻し、「慎太、手は利くか」と中岡に声をかけると、「おれは脳をやられた。もういかん」とつぶやき、絶命します。くしくも、この日は龍馬の誕生日でした。

土佐藩士たちが近江屋にかけつけたとき、中岡と藤吉にはまだ息がありましたが、藤吉は翌16日、医者の治療をうけていた中岡も17日に死去しました。

中岡慎太郎2
中岡慎太郎
中岡慎太郎

陸援隊長。土佐国安芸郡北川郷柏木村の大庄屋・中岡小伝次の長男として生まれる。学問を間崎哲馬、剣術を武市半平太に学び、文久元年(1861年)に武市が結成した土佐勤王党に参加。文久3年(1863年)、土佐勤王党への弾圧がはじまると脱藩し長州に身をよせた。禁門の変、馬関戦争での敗北を経て、薩摩・長州の連合による武力討幕の道を模索する。坂本龍馬とともに薩長同盟の締結に奔走し、慶応2年(1866年)1月に成功。慶応3年(1867年)4月、土佐藩から脱藩罪を許されてのち、陸援隊の隊長に任ぜられる。同年11月15日夜、坂本龍馬とともに京都近江屋で暗殺された。

犯人は京都見廻組。

坂本龍馬の暗殺は、大政奉還によって幕府が瓦解し、維新政府の樹立にむけて権力闘争が激化するなかで、突然おきた出来事でした。

維新の立役者である龍馬が殺害されたこの事件は、“幕末最大の謎”ともいわれ、犯人は京都見廻組、新選組、薩摩藩、紀州藩、土佐藩と諸説入りみだれています。

当時は刺客が現場にのこした証拠から、新選組の犯行が有力視されました。

しかし、明治になって維新政府に降伏した元見廻組で、衝鋒隊副隊長の今井信郎が殺害を自供したため、今日では京都見廻組の犯行であることが定説となっています。

ただし、今井の自供だけで確たる証拠はなく、すべての謎が解明されたわけではありません。

現場にかけつけ瀕死の中岡から証言をきいた土佐藩の谷干城は、自分が見聞した事実と異なる点があり、“今井信郎は売名の徒”であると批判しています。

大政奉還を建策し、平和的な政権委譲に尽力した功労者が、なぜ殺害されなければならなかったのか。

このホームページでは、同時代に記録された史料や、のこされた現場証人の証言をもとに事件の全容を再構築することで、龍馬暗殺の真相にせまりたいと思います。


 TOP