まにまにまに

新選組説 (三) 近藤勇の最後

甲州勝沼の戦い

明治元年(1868年)2月末、鳥羽伏見の戦いにやぶれ江戸に帰還していた新選組局長・近藤勇は、会計総裁・大久保一翁から甲府の鎮撫を目的とした派兵を命じられる。そして新選組を中核とした甲陽鎮撫隊が組織され、軍資金として5千両、大砲2門、小銃200挺が支給された(「甲州御勤番之者百姓等鎮撫ノ為、大久保一翁殿指図にて大久保剛実は近藤勇のこと御遣之所」草尾精一郎書簡『越前藩幕末維新公用日記』)。

このとき近藤勇は破格の出世で若年寄格となり大久保剛と改名。副長・土方歳三も寄合席格となり、内藤隼人と名をあらためたという(子母澤寛『新選組始末記』)。

3月1日に近藤は江戸を出発するが、よせ集めである甲陽鎮撫隊は練度も士気も低い非常に脆弱な集団だった。そのため、この甲府行きは和平策を進める陸軍総裁・勝海舟が、抗戦をとなえる近藤勇ら新選組を追い出すためにはかった方策だったとも考えられている。

一方、そのころ新政府は「徳川慶喜追討」を発令し、江戸を制圧するため東海道・東山道・北陸道の三軍にわけて行軍を開始した。中山道を進軍していた東山道軍は、諏訪に到着したさいに本道を進む本隊と甲州街道を進む分隊にわかれた。この分隊は土佐・鳥取藩兵で構成され、3月4日に甲府に侵入すると甲府城を開城させた。その中に土佐出身の参謀・板垣退助や軍監・谷干城らの姿もあった。

その事態を知らない近藤ひきいる鎮撫隊は甲府城を目指して甲州街道を進み、3月3日に日野宿の佐藤彦五郎宅に立ち寄る。佐藤家は日野の名主をつとめ、彦五郎は土方の姉・のぶの夫で新選組を長年支援してきた。故郷へ錦をかざった近藤・土方は盛大な歓迎を受け、翌4日にふたたび進軍を開始する。

鎮撫隊は3月5日になって笹子峠を越えたが、ここで甲府城がすでに新政府軍に接収されている報告を受ける。近藤は勝沼村の柏尾山に布陣すると、百姓を鎮撫するための軍団で新政府軍に抗戦する意思はないという使者を送った。しかし、戦闘準備の時間かせぎとみた新政府軍は、柏尾山を3方から砲撃する。士気の低い鎮撫隊は脱落者が相次ぎ、近藤は「会津の援軍300が来ている」と鼓舞したが、これが偽情報とわかり総崩れとなった。

近藤勇
近藤勇
土方歳三
土方歳三

大久保大和の出頭

敗走した近藤は五兵衛新田(足立区綾瀬)で兵士を募集し、態勢の立て直しをはかる。しかし、このとき意見の対立から二番隊組長・永倉新八と十番隊組長・原田左之助が離脱、監察・大石鍬次郎が脱走してしまう。残された幹部は、近藤と土方、そして三番隊組長・山口次郎(斎藤一)となった。

4月1日、近藤は下総流山(千葉県流山市)に陣をうつし、部隊の訓練をおこなった。流山本陣には近藤ほか数人がのこるだけとなり、そこへ賊徒潜伏の情報を入手した新政府軍が急きょ進攻した。包囲する新政府軍の軍使に対し、土方歳三は変名・内藤隼人と名のり、江戸からの脱走兵の取り締まりと農民一揆に対する警戒のため駐屯していると主張。応対した東征軍副参謀の薩摩藩士・有馬藤太は、武装解除した上で部隊の解散させ、事情聴取のため責任者が出頭するよう命じた。

このとき近藤はすでに切腹の覚悟を決めており、しばらく出頭の猶予を願い出でて3、4名の隊士と話し合った。土方はこれに反対し、「ここで切腹するのは犬死だ。運を天にまかせて板橋総督府へ出頭し、あくまで鎮撫隊を主張して納得させることが得策である」と説得したという。

「近藤芳助書簡」『新撰組往時実戦壇書』

勇は己に割腹の決心を以て暫時の猶予を乞い、二階に昇り三、四(名)会合す。土方の曰く、此所に割腹するは犬死なり。運を天に任せ板橋総督へ出頭し、飽く迄鎮撫隊を主張し説破するこそ得策ならんと云ふ。

4月3日、近藤は土方の意見に従って武器弾薬を引き渡すと、新政府軍に出頭した。有馬は大久保大和が近藤勇であることは知らず、本営のある越谷まで同行している。ところが、本営には近藤の顔を見知っていた彦根藩士・渡辺九郎左衛門があり、その証言によって正体が露見する。召し捕らえられた近藤は駕籠に乗せられ、翌4日に総督府のある板橋宿へと護送された。

大久保大和、改て近藤勇

近藤勇を捕縛した新政府軍だったが、大久保大和を名のる男が近藤本人であるか確証を持てないでいた。そこで薩摩藩士・平田九十郎のもとに顔を知るものたちがいるということで首実検させることになった。立ち会ったのは、元新選組隊士で御陵衛士として分離した加納鷲雄と武川直枝(清原清)である。加納と清原は御陵衛士が粛清されたのち薩摩藩の庇護にあり、板橋宿に従軍していた。

下見の段階でふたりに近藤本人であることを確認し、近藤の刀を取り上げてから座敷に通し、首実験をおこなった。そして「大久保大和、改めて近藤勇」と加納が声をかけると、さすがの近藤も動揺の色をみせ、ついに近藤勇であることを認めた。

「加納道之助談話」『史談会速記録』第104輯 史談会、明治34年

それでは加納、武川(竹川とも)は近藤を知っているということで、それから両人に幕臣を連れて来ておるから見現して呉れと申立てました。それなら調所へ参って彼のいる処に行きましょうというと、能く下見をしてから行けといって障子の穴から見ると近藤である。それから双刀を取上げておくから逢って呉れるかということで、それでは逢いましょう。向うも双刀を持って居るから、戦うては困るから命を下して双刀を取上げようと言って、調べ掛りの者が一応調べる筋があるからと言って双刀を取上げておき、それより其座敷へ調役平田九十郎(故平田宗高)及両人立入り、自分言って曰く、大久保大和、改て近藤勇と声懸けますと、近藤は実にエライ人物でありましたが、其時の顔色は今に目に附く様で、甚だ恐怖の姿でありました。
弥々近藤と極りましたから、召捕りて京都へ送るには、各藩の兵二小隊を護衛に連れて、監察として私と武川直枝と彦根藩の青木重大夫の三人仰付けられたり。
此件は詮議変りて板橋において御用済となり、又私共の御役も御免になりましたから、又私共は先に参りました。

この間土方歳三は、近藤助命のため隊士・相馬主計をつれて江戸に向かい、勝海舟と面談している(「土方歳三来たる。流山顛末を云う」『海舟日記』)。勝は土方の願いに応じて達書をしたため、配下の松濤権之丞に手紙を書かせた。勝の達書の内容は不明だが、松濤の手紙には「江戸御趣意の旨、御同様異心なき趣、御演舌の由承知仕り候間、勝房州よりの達書持たせ差し上げ候」とあり、大久保大和は旧幕府の命令を受けて百姓鎮撫をおこなっていたとの申し立てることを認めたものであった。

土方は、この手紙を従っていた相馬に託し、近藤解放のため板橋宿の総督府に向かわせた。相馬は4月5日に手紙を届けるが、その時すでに大久保大和の正体が近藤勇であることが露見しており、逆に新政府軍に捕らえられてしまった。なお、相馬は近藤による助命嘆願が認められて、同じく捕縛されていた野村利三郎とともに釈放され笠間藩へ身柄を預けられている。

【史談会速記録】
幕末維新に関する証言を集め史料とするために設立された史談会の応答を速記した記録。

近藤勇の聴取

近藤勇の取り調べは4月5日からはじまる。東山道総督府監察の脇田頼三が主任となり、薩摩・長州・土佐・鳥取藩の代表者が立ち会うことになった(「今日、ここに応接所長および因、土、彦、四藩の人数相揃い、吾も列席し近藤勇を糾明す」『平田宗高従軍日記』)。このとき近藤は右肩の銃創が悪化しており、病気を申し出たが認められず、応接所の縁の下にムシロをしきそこに座らされていた。

新政府軍の責問に対し、近藤は「甲州への派兵、流山への布陣は、諸方を鎮撫するためのものであり、官軍に抵抗するものではない」と述べ、「この上慶喜の御処置によりて、臣子の分を尽さんと欲するのみ」と答えた。もちろん近藤の言葉をそのまま信じるはずもなく追及は続いたが、薩摩の平田九十郎は近藤の真意が「臣子の分をつくす」ことにあり、これ以上の責問は不要であると主張した。

なぜなら薩摩藩としては、西郷吉之助と勝海舟によって進められている江戸開城の妥結が最重要事項であり、近藤の口から勝や大久保一翁など幕臣の名前が出ることは避けたかったのである。また、幕府に都合の悪い近藤の身柄を手元に置くことで、交渉材料に利用しようと考えていた。

しかし、この処置に対し監察・脇田と土佐藩が反発。特に土佐の谷干城は親交のあった坂本龍馬・中岡慎太郎の暗殺犯とみていたこともあり、厳しく責問するよう迫った。ただし、これは私怨をはらすことが目的ではない。過去の罪を追及する小さな問題ではなく、勝・大久保ら旧幕臣の今後の策略を白状させようとしたものだった(「ただ過去の事のみ問て処置すれば、もっとも安きことなり。是非に未発のことを言はしめんとす」『東征私記』)。

平田が応酬し「勝や大久保にまで累がおよぶと、江戸城開城にも影響があり大事になりかねない。また近藤勇も身分が低いものではなく、新選組隊長を命じられたほどの人物であるから拷問などはできない」と譲らない。土佐藩も「近藤は地位のある男ではない。ただ徳川氏のために浮浪無頼の徒をあつめ、幕府の手先となっていただけである。今は脱走人となり、徳川氏と関係がない。博徒の頭を拷問するのに何の支障があるのか」と反論し、議論は紛糾する。

こうした薩摩藩と土佐藩の対立は東山道総督・岩倉具定(岩倉具視の子)のもとに伝わり、その裁定をあおぐことになった。岩倉は土佐藩の主張に賛同したが、薩摩藩参謀・伊地知正治は「これまでの大業は、どこの藩が成しとげたのか。我らの主張は薩摩の総意である。もし薩摩の論が受け入れられないのであれば、兵をまとめて引きあげる」と強硬な姿勢をみせた。

事態を重くみた岩倉は、ここで薩摩藩と争うことは天朝のためにはならないので、土佐藩に主張を受けるよう伝達した。谷はよほど口惜しかったようで、「歯をくいしばり、涙をふいて受け入れた」と『東征私記』に書いている。こうして薩摩藩の望み通り近藤勇は助命され、身柄を京都へ移送されることになった。

一人を誅殺して千万人が歓喜

一時は京都移送となった近藤勇への処分だったが、甲州勝沼での戦いを追及されるなかで事態が急変する。甲府への派兵について近藤は、幕臣・大久保一翁の命令による鎮撫のためと説明しているが、結果は官軍と戦闘行為をおこなっている。もし近藤の供述が事実であれば徳川家は天皇に弓を引いたことになり、江戸開城の和平が破たんに追い込まれてしまう。

そこで総督府に徳川家目付を呼びつけ、ことの真偽を問いただした。すると目付は、徳川家と近藤勇の関係を否定し、脱走兵であり天下の大罪人として極刑を求めた。

太政官編 「香川敬三私記」『復古記. 11冊』

[現代語・意訳]

大久保大和なる人物は徳川家中には存在せず、また近藤勇と申す者も早くから脱走しており徳川家との関係は少しもございません。
つまるところ近藤の罪については天下の士民がよく知るところであり、さらにこのたび私心で兵を率いて官軍と戦争におよんだことは、徳川慶喜の恭順の意にも反した行為であり、許されざる大罪です。
もっとも甲州・流山の件についての責任は当家も認めるところで、どのような処罰を申し付けられても仕方がありません。
官軍の諸藩士は、元来「近藤の肉を食することを欲す」るほど憎悪しているのであるから、一刻も早く厳刑に処するべきと考えます。これは天下の大罪であり、京都において市中引き回しの上で梟首して、天下の義士の心を慰めていただくよう願います。
万一このような大罪に寛大な処置がなされれば、天下の有志は希望を失い、東山道軍内の各兵も強い憤りをおぼえると思われます。
現在は御一新という政情にあり、非常のときにみだりに殺害を行うことは慎むべきではありますが、一人を誅殺して千万人が歓喜する処置がなされなければ、天下の士民は朝廷を軽侮し、そしりを受けることになると心を痛めます。
御英断をもってご処置されるように願い申し上げます。

幕府に見捨てられた近藤は賊徒として裁かれることになり、東山道総督府は斬首・獄門を宣告する。武士として名誉の死である切腹も許されなかったのである。

4月25日に板橋の刑場で刑が執行され、首級は板橋宿外の一里塚に数日晒され、そばには次のような罪状をしるした高札が掲げられた。

近藤勇
右者元来浮浪の者にて、
初め在京新選組の頭を勤め、
後に江戸に住居致し大久保大和と変名し、
甲州並びに下総流山において官軍へ手向い致し、
或いは徳川の内命を受候などと偽り唱え、
容易ならざる企てに及び候、
上は朝敵下は徳川の名を偽り候次第、
その罪数るに暇あらず、
よって死刑に行い梟首せしむる者なり

その後、近藤の首は酒に浸けて京都へ送られ、閏4月8日に三条河原に晒された。名をとどろかせた新選組局長・近藤勇の首だけに評判となり、晒しの模様を描いた瓦版まで発行されている。

近藤勇さらし首
近藤勇 梟首の瓦版

元新選組
近藤勇事
  大和
此もの凶悪の罪迹あまた之有上、
此度甲州勝沼、武州流山両所において、
官軍に敵対せし段、
大逆たるによって、
此の如く梟首もの也。

外部おすすめリンク

大山格のブログ
近藤勇の出頭から梟首までを解説。


▲ 一番上にもどる