ryoma:DNA.net

張元至

張元至

張元至
張元至
張元至

【列伝】
明から来日した医師の子で、毛利輝元に近侍する。行政に優れた手腕を発揮し、輝元の嫡男・秀就の付家老を務めたが、秀就の乳母との密通を疑われ自刃した。


 ページトップ