ryoma:DNA.net

長尾虎i  2020年06月17日   2000年10月03日
長尾虎 【列伝】もし長尾景虎が女だったら。為景の娘。兄・晴景が病弱のため、国人たちによって当主に擁立される。「毘」の軍旗を翻して疾走する姿は軍神と恐れられた。 「天道」で登場した上杉謙信ちゃん。(๑¯ ……

竹俣清綱i  2020年06月17日   2000年10月03日
竹俣清綱 【列伝】上杉家臣。揚北衆。越後守護の擁立を巡って守護代・長尾為景と争うが敗れる。以後は仕えて歴戦し、為景の子・上杉謙信の七手組大将の1人として活躍した。 七手組大将のひとり。

 2020年05月17日   2000年10月03日
加地春綱 【列伝】上杉家臣。揚北衆。上杉七手組の一。上条定憲の乱では上条方に属すが、長尾為景の娘を娶ることで講和した。為景死後は謙信に従い、信濃飯山城を守備した。 七手組大将のひとり。

加地秀綱i  2020年06月17日   2000年10月03日
加地秀綱 【列伝】上杉家臣。春綱の子。母は上杉謙信姉。謙信死後の家督争いは景虎方に属して敗れ、景勝に降伏する。のちに再び反逆し、居城・加地城を攻撃され戦死した。

中条景資i  2020年06月17日   2000年10月03日
中条景資 【列伝】上杉家臣。中条藤資の子。父の死後、家督を継ぐ。本庄繁長が謀叛を企てた際、いち早く謙信に知らせて乱鎮圧に貢献した。上杉家重臣として各地を転戦した。

 2020年06月17日   2000年10月03日
柿崎晴家 【列伝】上杉家臣。柿崎景家の次男。越相同盟成立の際、人質として北条家に送られた。御館の乱では景虎(北条氏康の七男)を支持し、景勝によって謀殺された。

 2020年06月17日   2000年10月03日
新津勝資 【列伝】上杉家臣。山吉政久の子。新津勝邦の養子となり、新津家の家督を継ぐ。謙信・景勝の2代に仕え、上杉家の合戦にはほとんど参戦し、多くの武功を挙げた。

 2020年06月17日   2000年10月03日
大国実頼 【列伝】上杉家臣。樋口兼豊の次男。謙信死後の御館の乱では、兄・直江兼続と共に景勝方として戦った。能書・連歌に優れ、頻繁に上洛して多くの連歌会に参加した。

神余親綱i  2020年06月17日   2000年10月03日
神余親綱 【列伝】上杉家臣。三条城主。上杉家の外交官として活躍し、謙信が上洛した際には後奈良天皇との謁見を成功させた。御館の乱では上杉景虎に方に属し、敗れ戦死した。

本庄秀綱i  2020年06月17日   2000年10月03日
本庄秀綱 【列伝】上杉家臣。実乃の子。謙信の信頼厚く、将軍・足利義輝に謁見するための上洛では太刀持ちを務めた。御館の乱で景虎方に属し、敗れて会津方面に逃亡した。

 2020年06月17日   2000年10月03日
松本景繁 【列伝】上杉家臣。川中島合戦などで活躍。沼田三人衆の1人として沼田城代を務め、武田・北条勢の侵攻に備えた。越相同盟の締結や北条三郎の養子縁組に尽力した。 沼田三人衆のひとり。

河田重親i  2020年06月20日   2000年10月03日
河田重親 【列伝】上杉家臣。沼田三人衆の1人。北条景広の与力衆として関東方面の経略を行う。御館の乱では上杉景虎を支持し、沼田城を巡って上野家成と争い敗退した。 沼田三人衆のひとり。

 2020年06月17日   2000年10月03日
上野家成 【列伝】上杉家臣。沼田三人衆の1人。主君・謙信が出家騒動を起こした際、謀叛した大熊朝秀の鎮圧で活躍した。御館の乱では上杉景勝に属し、沼田城を守備した。 沼田三人衆のひとり。

荒川長実i  2020年06月18日   2000年10月03日
荒川長実 【列伝】上杉家臣。川中島合戦では旗本先陣を務め、武田軍に突撃して信玄を三太刀斬りつけた逸話が残る。「血染めの感状」を受けた垂水源二郎と同一人物という。

 2020年06月18日   2000年10月03日
金津義旧 【列伝】上杉家臣。妻は上杉謙信の乳母。謙信から父のように敬愛され、客将として遇された。謙信出陣の際は、居城・春日山城の留守居を務め、側近として活躍した。

 2020年06月18日   2000年10月03日
長尾藤景 【列伝】上杉家臣。下田長尾家の当主。武勇に優れ各地で活躍したが、第四次川中島合戦の際に謙信の戦術を批判して対立。謙信の命を受けた本庄繁長により殺された。

吉江景資i  2020年09月07日   2000年10月03日
吉江景資 【列伝】上杉家臣。宗信の子。上杉謙信の旗本として各地を転戦。御館の乱では景勝に属し、越中魚津城の在番となる。柴田勝家の越中侵攻軍と戦い、善戦したが敗死。 魚津在城十三将のひとり。

寺島長資i  2020年06月19日   2000年10月03日
寺島長資 【列伝】上杉家臣。吉江景資の長男。寺島和泉守の養子となり、寺島家の名跡を継いだ。越中魚津城の戦いでは、一族郎党共に籠城したが、攻め落とされ自刃した。 魚津在城十三将のひとり。

中条景泰i  2020年05月26日   2000年10月03日
中条景泰 【列伝】上杉家臣。吉江景資の次男。揚北衆・中条景資の娘を娶り中条家を継ぎ、国衆筆頭を務めた。越中魚津城の総大将として柴田勝家と戦い、父兄と共に討死した。 魚津在城十三将のひとり。

蓼沼泰重i  2020年06月19日   2000年10月03日
蓼沼泰重 【列伝】上杉家臣。通称は掃部助。魚津在城十三将の1人。弟・友重と共に謙信・景勝の2代に仕えた。越中魚津城の守将として柴田勝家と戦い、善戦したが討死した。

 2020年09月06日   2000年10月03日
山本寺景長 【列伝】上杉家庶流。定長の弟。御館の乱で敗れた兄が出奔したため、家督を継ぐ。織田家の北陸侵攻に対し、越中魚津城に籠城して抗戦したが、落城時に自害した。

下条忠親i  2020年06月20日   2000年10月03日
下条忠親 【列伝】上杉家臣。河田長親の弟。下条実親の養子となり家督を継ぐ。御館の乱では景勝に属し、新発田重家討伐にも参陣。主家の米沢転封に従い、鮎貝城代となった。

五十公野信宗i  2020年06月20日   2000年10月03日
五十公野信宗 【列伝】上杉家臣。五十公野城主。妻は新発田重家の妹。御館の乱では上杉景勝を支持したが、義兄・重家に従い謀叛を起こす。藤田信吉に居城を責められ、自害した。

安部綱吉i  2020年08月19日   2000年10月03日
安部綱吉 【列伝】上杉家臣。諸国を放浪したのち出羽国北条郷に住み、上杉家に仕官する。代官として町割り、新田開発・治水工事に尽力し、米沢藩の発展に大きく貢献した。

山岸尚家i  2020年06月20日   2000年10月03日
山岸尚家 【列伝】上杉家臣。清野長範と共に景勝の近侍を務めた。おもに内政面で活躍し、直江兼続らと家中法度を制定した。景勝の子・定勝の代には、江戸留守居役を務めた。

 2020年06月30日   2000年10月03日
栗林頼忠 【列伝】上田衆の筆頭。上田衆は景勝の父・長尾政景の家臣団で、御館の乱では景勝方の主力を形成した。恩賞配分で優遇されたことから、新発田重家の反乱を招いた。

 2020年09月06日   2000年10月03日
栗林政頼 【列伝】上杉家臣。上田衆筆頭・栗林頼忠の娘を娶り家督を継ぐ。御館の乱では景勝方に属し上田坂戸城を守備。景勝の重臣として軍事・外交と幅広い活躍を見せた。

深沢利重i  2020年09月06日   2000年10月03日
深沢利重 【列伝】上杉家臣。上田衆。御館の乱の際は上杉景勝を支持して、上田坂戸城を守備した。景虎方の救援に出陣してきた北条氏照・氏邦軍を撃退し、国境を守り抜いた。

溝口勝路i  2020年06月30日   2000年10月03日
溝口勝路 【列伝】上杉家臣。慶長出羽合戦の際は、軍奉行として従軍した。撤退において水原親憲と共に殿軍を務め、最上軍の追撃を阻んだが重傷を負い、長岡楯にて死去した。

泉沢久秀i  2020年08月19日   2000年10月03日
泉沢久秀 【列伝】上杉家臣。上田衆。幼少から側近として主君・景勝に仕えた。蔵奉行として財政を管理し、公家の勧修寺晴豊と交流するなど、内政・外交面で上杉家を支えた。

井上清政i  2020年08月19日   2000年10月03日
井上清政 【列伝】信濃の豪族。井上城主。武田信玄の北信濃侵攻軍に敗れ、越後の長尾景虎の庇護を受けた。川中島合戦では、村上義清らと共に上杉軍の先鋒を務め、奮戦した。

本間高統i  2020年09月07日   2000年10月03日
本間高統 【列伝】佐渡の豪族。河原田本間家当主。佐渡の大半を支配し一定の独立性を維持していたが、上杉景勝の佐渡平定軍の攻撃を受け敗北。他の本間一族と共に滅亡した。

中条三盛i  2020年09月07日   2000年10月03日
中条三盛 【列伝】上杉家臣。景泰の長男。父が戦死した際、幼かったため中条家臣・築地資豊が名代後見となり相続を認められた。主家の会津転封に従い、鮎貝城主となった。

 2020年09月07日   2000年10月03日
吉江資堅 【列伝】上杉家臣。上洛した上杉謙信に召し出され家臣となる。側近として活躍し、吉江信清の名跡を相続した。のちに越中魚津城の守将として、織田信長軍と戦った。

唐人親広i  2020年09月09日   2000年10月03日
唐人親広 【列伝】越中の国衆。はじめ神保家に属し、時勢に応じて上杉、織田と主家を変えた。砲術の達人で、本能寺の変後は上杉家の砲術指南役となり、私伝之集を著した。

大石芳綱i  2020年09月09日   2000年10月03日
大石芳綱 【列伝】山内上杉家臣。綱元の兄。北条家に追われた主君・憲政に従い越後に逃れ、のち長尾景虎の家臣となる。関東の情勢を探り、悪化する北条氏康の病状を伝えた。

小国頼久i  2020年09月09日   2000年10月03日
小国頼久 【列伝】上杉家臣。小国家は源頼行を祖とする一族で、越後国・小国保の地頭となったことに始まる。主君・謙信に従い、佐渡攻略・関東遠征などで戦功を立てた。

 2020年09月09日   2000年10月03日
直江信綱 【列伝】上杉家臣。直江景綱の娘・お船を娶り家督を継いだ。御館の乱では上杉景勝に属し、春日山城に籠城。戦後、恩賞問題に巻き込まれ、毛利秀広に殺害された。

荻田長繁i  2020年09月12日   2000年10月03日
荻田長繁 【列伝】上杉家臣。御館の乱では景勝を支持し、景虎派の重鎮・北条景広を討ち取る大功を挙げた。重用されたが、景勝の怒りを買い追放された。のち結城秀康に仕官。

鉄景信  2020年09月12日   2000年10月03日
鉄景信 【列伝】上杉家臣。上田衆。長尾政景に属し、政景死後は謙信に仕える。御館の乱では景勝を支持した。越中方面の経略を行い、松倉城の守将として織田軍と戦った。

鉄泰忠i  2020年09月12日   2000年10月03日
鉄泰忠 【列伝】上杉家臣。島倉泰明の子。鉄景信の養子となる。大坂冬の陣では武功を立て、徳川秀忠から感状を受けた。土木技術に優れ、江戸城の石垣・堀普請を担当した。

本庄顕長i  2020年09月12日   2000年10月03日
本庄顕長 【列伝】上杉家臣。繁長の嫡男。御館の乱では景虎方に与したため、廃嫡を条件に許された。のちに蒲原郡加茂に所領を得たが、伏見城普請で不手際があり追放された。

 ページトップ