ryoma:DNA.net

本願寺准如i  2020年11月17日   2000年10月03日
本願寺准如 【列伝】顕如の三男。兄・教如に代わって法主となる。戦国大名との合戦や内紛で衰えた本願寺を再び隆盛に導いた。のちに大僧正となり、現在の西本願寺を築いた。

下間頼純i  2020年11月17日   2000年10月03日
下間頼純 【列伝】石山本願寺の坊官。石山合戦では下間頼竜とともに細川昭元を撃退。加賀に派遣され、七里頼周に代わって一向宗門徒を指導し、織田家の北陸侵攻軍と戦った。

下間頼旦i  2020年11月17日   2000年10月03日
下間頼旦 【列伝】長島願証寺の坊官。法主・顕如の命で一向宗門徒を指導し、織田家の度重なる侵攻を撃退した。城兵の助命を条件に降伏したが、一斉射撃を受けて戦死した。

下間頼次i  2020年11月17日   2000年10月03日
下間頼次 【列伝】石山本願寺の坊官。通称・兵庫。一向宗の僧兵集団の指導者として活躍した。茶の湯を好み、和泉国堺の豪商で茶人の津田宗達、宗久と交流があったという。

下間頼宗i  2020年11月17日   2000年10月03日
下間頼宗 【列伝】石山本願寺の坊官。僧兵集団の指導者。通称・丹後。和泉国堺の町衆との交流が深く、たびたび茶会に招かれた。織田家に使者として赴くなど、外交でも活躍。

興正寺顕尊i  2020年11月17日   2000年10月03日
興正寺顕尊 【列伝】顕如の次男。興正寺16世・証秀の養子となる。石山合戦の際では毛利輝元と結び、石山本願寺に兵糧を運び入れた。本願寺の後継者争いでは、准如を支持した。

狐島吉次i  2020年11月17日   2000年10月03日
狐島吉次 【列伝】紀伊の豪族。雑賀党の一員。水軍を率いて織田信長と戦った。石山開城を巡っては抗戦を主張する本願寺教如を支持したが、教如が退去したことで降伏した。

 ページトップ