RYOMADNA

正木時通i  2020年11月14日   2000年10月03日
正木時通 【列伝】里見家臣。時忠の長男。一時里見家を離反し、北条家に属す。勢力拡大のため、同じ北条傘下の千葉胤富の所領を奪い周辺勢力から孤立、里見家に復帰した。

安西実元i  2020年12月09日   2000年10月03日
安西実元 【列伝】里見家臣。伊予守と称す。第二次国府台合戦では北条軍の奇襲を受けて敗走する中、乗馬を失った主君・義弘に馬を差し出し、自ら影武者となり討ち死にした。

岡本氏元i  2020年12月09日   2000年10月03日
岡本氏元 【列伝】里見家臣。義堯・義弘・義頼の三代に渡り、外交面で重要な役割を果たした。里見家の家督相続問題では義頼を支持。豊臣秀吉に接近して主家存続に尽力した。

加藤信景i  2020年11月14日   2000年10月03日
加藤信景 【列伝】里見家臣。里見義弘の嫡男・梅王丸の後見を務める。家督争いでは義弘の弟・義頼に佐貫城を包囲され、梅王丸の助命を条件に開城した。以後は義頼に仕えた。

薦野頼俊i  2020年07月05日   2000年10月03日
薦野頼俊 【列伝】里見家臣。里見義弘の子。母方祖父・薦野時盛の名跡を継いで、安房明星山城主となる。一門衆として2千5百石を領した。主家改易後、水戸徳川家に仕えた。

安西又助i  2020年12月13日   2000年10月03日
安西又助 【列伝】里見家臣。通称は勝右衛門。安房勝山城を拠点に里見水軍の一翼を担う。江戸湾の覇権を巡って北条水軍と争い、三浦三崎の戦いでは功を立てる活躍を見せた。

 2020年12月13日   2000年10月03日
岡本通輔 【列伝】里見家臣。里見家3代当主・義通の弟。里見義堯の叔父。岡本氏元の養子となり岡本姓を名乗った。小田原の北条家に対する水軍拠点として岡本城を築城した。

岡本随縁斎i  2020年12月13日   2000年10月03日
岡本随縁斎 【列伝】里見家臣。通輔の子。頼元の父。はじめ僧侶であったが還俗し、里見義堯に仕える。房総水軍を率いて北条家と攻防を繰り返した。のち義頼の家老となった。

 TOP