ryoma:DNA.net

島親益i  2020年11月18日   2000年10月03日
島親益 【列伝】長宗我部国親の四男。武勇に優れ、異母兄・元親に従い本山家攻めで軍功があった。病気療養に出かけた途中、阿波の豪族・海部友光の襲撃を受けて戦死した。

真西堂如淵i  2020年11月21日   2000年10月03日
真西堂如淵 【列伝】長宗我部家臣。吉良親貞の庶子。土佐南学を学んだ臨済宗の僧。元親の四男・盛親の宗家家督相続に強く反対したため、弟・吉良親実とともに自害させられた。

戸波親武i  2020年11月21日   2000年10月03日
戸波親武 【列伝】長宗我部家臣。父は長宗我部国親の弟・国康。主君・元親から戸波城を与えられ、戸波姓を名乗る。主家の四国統一に貢献し、三好家攻略後は十河城主となった。

比江山親興i  2020年11月18日   2000年10月03日
比江山親興 【列伝】長宗我部家臣。国親の弟・国康の子。土佐比江山城を居城として比江山姓を名乗る。宗家の家督相続問題では、元親に諫言して勘気を蒙り、切腹を命じられた。

吉田貞重i  2020年11月18日   2000年10月03日
吉田貞重 【列伝】長宗我部家臣。孝頼の子。八流の戦いの際、槍で目を突かれて負傷するが、その敵を倒し首を取った。片目となったので「せんの次郎左衛門」とあだ名された。

吉田重康i  2020年11月21日   2000年10月03日
吉田重康 【列伝】長宗我部家臣。重俊の長男。国親・元親の2代に仕え、四国統一に貢献した。重康の不在時、妻が機転で城兵を大軍に見せかけ安芸軍を撃退した逸話が残る。

波川清宗i  2020年11月18日   2000年10月03日
波川清宗 【列伝】土佐の豪族。長宗我部国親の娘を娶り、土佐山路城主となる。独断で小早川隆景と和睦したことで元親の怒りを買い、蟄居する。のち謀叛が発覚して自害した。

中山田泰吉i  2020年11月21日   2000年10月03日
中山田泰吉 【列伝】長宗我部家臣。香宗我部秀通の長男。長宗我部国親の三男・親泰が家督を継承したため、中山田姓を名乗った。温厚篤実な人柄で親泰によく仕え、厚遇された。

香宗我部親氏i  2020年11月18日   2000年10月03日
香宗我部親氏 【列伝】長宗我部家臣。親泰の嫡男。朝鮮派兵において老齢の主君・元親に代わって出陣し、長宗我部軍を率いた。熊川海戦などで奮戦したが、陣中で病死した。

香宗我部貞親i  2020年11月18日   2000年10月03日
香宗我部貞親 【列伝】親泰の子。関ヶ原合戦の後家臣に守られ土佐を脱出、堺に寓居した。成人後は寺沢広高に仕える。後に従姉・春日局の斡旋により堀田正盛の家臣となった。

中内三安i  2020年11月21日   2000年10月03日
中内三安 【列伝】長宗我部家臣。本山家攻めで活躍。関ヶ原合戦では敗走する主君・盛親を守り、大坂に引きあげた。主家改易後は浪人したが、盛親に従い大坂の陣に参陣した。

中島重房i  2020年11月21日   2000年10月03日
中島重房 【列伝】長宗我部家臣。戸次川合戦の際には敗北した長宗我部軍をまとめて退却させ、元親から賞賛された。大坂の陣では旧主・盛親に従い、八尾の戦いで活躍した。

石谷頼辰i  2020年11月21日   2000年10月03日
石谷頼辰 【列伝】長宗我部家臣。斎藤利三の兄。石谷光政の養子となって家督を継ぐ。明智光秀に属し、長宗我部家との交渉を担当した。本能寺の変後は長宗我部家に仕えた。

滝本寺非有i  2020年11月21日   2000年10月03日
滝本寺非有 【列伝】真言宗滝本寺の住職。国書・経史・仏典に通じた学僧。文筆に優れ、長宗我部氏のもと外交や内政に活躍した。安国寺恵瓊と並んで「一対坊主」と称された。

安芸弘恒i  2020年11月21日   2000年10月03日
安芸弘恒 【列伝】安芸家臣。国虎の長男。長宗我部家との戦いで父は自害、三好家を頼り阿波に落ち延びた。矢野備後守と共に中富川合戦に参陣し、長宗我部軍と戦い敗死した。

安芸家友i  2020年11月21日   2000年10月03日
安芸家友 【列伝】安芸家臣。国虎の次男。主家滅亡後、長宗我部元親の妹・養甫尼に養育される。創製した七色紙を山内一豊に献上し、その功績から御用紙方役に任ぜられた。

 ページトップ