RYOMADNA

龍造寺ぎんi  2020年12月24日   2000年10月03日
龍造寺ぎん 【列伝】龍造寺周家の正室。嫡男・隆信を生む。今山の戦いの際、大友軍に包囲され意気消沈する隆信らを叱咤し、鍋島直茂に本陣への夜襲を行わせて勝利へと導いた。

後藤家信i  2020年12月24日   2000年10月03日
後藤家信 【列伝】龍造寺家臣。龍造寺隆信の子。後藤家の家督を継ぐ。父に従い歴戦し、武功を挙げる。朝鮮派兵では渡海し、蔚山城に籠城した加藤清正を救出する活躍をした。

 2020年12月24日   2000年10月03日
倉町信俊 【列伝】龍造寺家臣。主君・隆信の娘を娶り、家中で重要な地位を占めた。今山合戦や諫早攻めなどに従軍し、戦功を立てた。沖田畷合戦の際は隆信を守って戦死した。

多久安順  2020年12月24日   2000年10月03日
多久安順 【列伝】鍋島家臣。龍造寺長信の子。鍋島直茂の娘を娶る。龍造寺高房(政家四男)の子・季明が家督相続を幕府に訴えたときは、鍋島家支配の正当性を主張した。

犬塚鎮家i  2020年12月24日   2000年10月03日
犬塚鎮家 【列伝】龍造寺家臣。弾正と称す。「両弾二島」の1人。犬塚家は蒲池家の庶流で、はじめ少弐家に属す。のち龍造寺隆信に仕えて肥後侵攻など数々の合戦で活躍した。

上瀧信重  2020年12月27日   2000年10月03日
上瀧信重 【列伝】龍造寺家臣。志摩守と称した。大村弾正、犬塚弾正、百武志摩守とともに「両弾二島」と賞賛された武勇の士。主君・隆信の命を受けて大村弾正を誅殺した。

 2020年12月27日   2000年10月03日
鍋島信房 【列伝】龍造寺家臣。清房の庶長子。藤津衆を統率する。弟・直茂に従い、常広城主として鹿島を治めた。のち肥前神代に所領を与えられ、神代鍋島家の祖となる。

 TOP