まにまにまに

坂本龍馬年譜 (一)

天保六年 (1835年) 坂本龍馬1歳
11月15日 高知城下本丁筋1丁目の坂本家に生まれる。

『千里駒後日譚』
弘化三年 (1846年) 坂本龍馬12歳
6月10日 母・幸(49)、死去する。

墓碑銘
この年 小高坂村の楠山塾に入門するが、ほどなく退塾する。

『坂本龍馬』
嘉永元年 (1848年) 坂本龍馬14歳
この年 城下築屋敷の小栗流日根野弁治道場に入門する。

『坂本龍馬』
嘉永六年 (1853年) 坂本龍馬19歳
3月上旬 日根野弁治から「小栗流和兵法事目録」を伝授される。

『同目録』
3月17日 剣術修行のため江戸へ出立する。

参考『福岡家御用日記』
4月中旬 江戸京橋桶町の北辰一刀流千葉定吉道場に入門する。
6月3日 黒船来航
6月-日 土佐藩の臨時御用に徴用され、品川海岸の警備につく。

『9月23日付 龍馬書簡』
9月23日 兄・権平に「アメリカ沙汰」、父・八平に「異国の首を打取り、帰国可仕候」の手紙を書く。

『9月23日付 龍馬書簡』
12月1日 兵学者・佐久間象山に入門する。

『及門録』
安政元年 (1854年) 坂本龍馬20歳
6月23日 剣術修行期間が満了し、土佐へ帰国する。

参考『福岡家御用日記』
閏7月-日 日根野弁治から「小栗流和兵法十二箇条同二十五箇条」を伝授される。

『同目録』
11月5日 安政南海地震
この頃 築屋敷3丁目の絵師・河田小龍を訪れる。

『藤陰略話』
安政二年 (1855年) 坂本龍馬21歳
12月4日 父・八平(59)、死去する。

『墓碑銘』
安政三年 (1856年) 坂本龍馬22歳
2月2日 兄・権平、郷士坂本家を継ぐ。
8月20日 2度目の剣術修行のため江戸へ出立する。

参考『福岡家御用日記』
9月20日 江戸の土佐藩築地屋敷に入り、武市半平太・大石弥太郎と同宿する。

『8月17日付 武市瑞山書簡』
9月29日 高知の相楽屋源之助にあてて江戸到着を知らせる手紙を書く。

『9月29日付 龍馬書簡』
安政四年 (1857年) 坂本龍馬23歳
8月4日 中屋敷居住中に山本琢磨の時計拾得事件に遭遇する。

『8月17日付 武市瑞山書簡』
安政五年 (1858年) 坂本龍馬24歳
1月-日 千葉定吉から「北辰一刀流長刀兵法目録」を伝授される。

『同目録』
7月頃 姉・乙女に帰国予定を知らせる手紙を書く。

『7月付 龍馬書簡』
9月3日 剣術修行を終え、土佐へ帰国する。

参考『福岡家御用日記』
11月18日 国境の立川関に到着した水戸藩士・住谷寅之介、大胡聿蔵から手紙が届く。

『11月19日付 龍馬書簡』
11月19日 住谷寅之介らの招きに返書を送る。

『11月19日付 龍馬書簡』
11月23日 立川関で住谷寅之介、大胡聿蔵と面談する。

『住谷信順廻国日記』
11月24日 住谷寅之介らと再び面談する。

『住谷信順廻国日記』
11月25日 住谷寅之介らと別れ立川関より戻る。

『住谷信順廻国日記』
安政六年 (1859年) 坂本龍馬25歳
9月20日 砲術家・徳弘孝蔵に正式入門する。

『徳弘孝蔵砲術門人帳』
万延元年 (1860年) 坂本龍馬26歳
3月3日 桜田門外の変
7月-日 武市半平太の中国・九州剣術遊歴を見送る。

『維新土佐勤王史』
文久元年 (1861年) 坂本龍馬27歳
3月3日 永福寺門前事件のため池田寅之進方に駆けつける。

『維新土佐勤王史』
8月-日 武市半平太、江戸で土佐勤王党を結成する。
9月13日 平井加尾に袴・羽織・頭巾などの用意を依頼する手紙を書く。

『9月13日付 龍馬書簡』
9月下旬 武市半平太、土佐へ帰国する。
9月-日 龍馬、第9番目に土佐勤王党に加盟する。

『維新土佐勤王史』
10月上旬 日根野弁治から「小栗流和兵法三箇条」を伝授される。

『同免許』
10月11日 讃岐丸亀への剣術詮議が許され、土佐を出立する。

参考『福岡家御用日記』
10月14日 丸亀行きの途中に田中良助から2両を借用する。

『同借用書』
10月下旬 讃岐丸亀の矢野市之丞を訪ねる。

参考『福岡家御用日記』
11月上旬 翌年2月までの剣術詮議延長を願い出て、芸州坊砂に向かう。

参考『福岡家御用日記』
11月6日 大坂の望月清平に手紙を送る。

『望月清平陣営日記』
11月11日 望月清平と面談する。

『望月清平陣営日記』

▲ 一番上にもどる