まにまにまに

嘉永6年9月23日付坂本八平直足宛

嘉永6年9月23日付坂本八平直足宛

一筆啓上仕候。秋気次第に相増候処、愈々御機嫌能可被成御座、目出度千万存奉候。次に私儀無異に相暮申候。御休心可被成下候。兄御許にアメリカ沙汰申上候に付、御覧可被成候。先は急用御座候に付、早書乱書御推覧可被成候。異国船御手宛の儀は先免ぜられ候が、来春は又人数に加はり可申奉存候。
 恐惶謹言。
 龍
 九月廿三日
 尊父様御貴下
御状被下、難有次第に奉存候。金子御送り被仰付、何よりの品に御座候。異国船処々に来り候由に候へば、軍も近き内と奉存候。其節は異国の首を打取り、帰国可仕候。かしく。

[現代語・意訳]

一筆啓上申しあげます。秋の気配が次第に増して参りましたが、父上におかれましては、いよいよご機嫌よろしいこととお慶び申しあげます。千万もめでたいことと思います。私は無事に日々を送っておりますのでご安心ください。兄上のおてもとにアメリカ船来航の一件をお送りしましたので、ご覧いただければと思います。急用でしたので、早書き乱文の手紙となりましたが、よろしくご判読ください。この異国船対応の儀はいったん免じられましたが、来春にはまた動員に加わるものと考えております。
 恐惶謹言。
 龍
 9月23日
 尊父様御貴下
お手紙をくださりありがたき次第と存じます。また金子をお送りいただき、何よりありがたい品でございます。異国船はところどころに来ているようなので、戦が始まるのも近いことかと思われます。その節には異国人の首を打ち取り、土産にして帰国いたします。


▲ 一番上にもどる