ryoma:DNA.net

Just another WordPress site

(推定)安政5年7月頃坂本乙女宛

(推定)安政5年7月頃坂本乙女宛

(冒頭)
此状もつて行者ニ、せんの大廻の荷のやり所が
しれん言ハれんぞよ。
此勇のに物ぢやあきに、状が龍馬から来た
けんどまちがつたと
御いゝ可被下候。
(表面)
先便差出し申候しよふ婦は皆々
あり付申候よし、夫々に物も
付申候よし、其荷は赤岡村元作と
申候ものゝにて候。此状もちて行くもの
ニて御座候。めしをたいても
らい候者ニて候。誠ニよき者故
よろしく御取成可被成下候。大いそ
ぎにて候故、御すいりよふ/\。
此節は○がなく候故いけ
なく相成申候。私しかへりは
今月の末より来初めにて
候得共、御国へかへり候はひまど
り可申と奉存候。又、明日は
千葉へ、常州より無念流の試合斗り
(裏面)
申候。今夜竹刀小手のつく
らん故、いそがしく
御状くは敷事
かけ不申候。
 かしこ/\/\
 坂本龍

現代語・意訳

(冒頭)
この手紙を持っていく者に「先の大廻船で送られてきた荷物の行き先は知らない」と言ってはいけません。この男の荷物です。手紙が龍馬から来たので、坂本家あての荷物と間違えたと言ってください。
(表面)
先の便で江戸から送りました菖蒲はみな根がついたと聞き喜んでおります。また、それぞれの荷物も到着したと聞きました。
その荷物の一部は赤岡村の元作という者の荷物です。この手紙を持っていく本人です。元作は江戸で私の飯を炊いてもらっていた者で、まことに良い人なのでよろしくお取り成しください。大急ぎでこの手紙を書きましたので、ご推量ください。
最近は金がなくなりましたので、この船便では帰れなくなりました。私の帰国については、今月末から来月初めごろの出立を予定しています。ただし、土佐に到着するのは時間がかかると思います。
また、明日は千葉道場で常陸国からきた神道無念流の剣士との試合があります。
(裏面)
そのため今夜は竹刀や籠手の修繕がありいそがしく、詳しいことを書く時間がありません。
 かしこかしこ
 坂本龍


▲ 一番上にもどる