ryoma:DNA.net

Just another WordPress site

安政5年11月19日付住谷、大胡宛

安政5年11月19日付住谷信順、大胡聿蔵宛

尊札拝見仕候。寒気之節益御安泰、長途無御罣御修業、珍重之御儀奉存候。扨仰被越候御趣、何レ拝願之上御相談可申上奉存候。然ニ奴儀無拠要用ニ相掛居申候間、明後出足ニ而其御許迄参上可仕奉存候。誠ニ偏境之地、殊ニ山中御滞留故、御徒然奉察候。
 恐惶謹言。
 十一月十九日
 坂本龍馬
 加藤於莵之介様
 菊地清兵衛様
貴下

現代語・意訳

お手紙を拝見いたしました。寒い季節ですが、益々ご安泰のことと存じます。長旅ですが障害なくご修行(遊説)されているようで、珍重すべきことと存じます。さて、お越し頂きました用件ですが、いずれ直接お会いしてご相談申しあげたいと思います。しかし、私はやむをえない事情に掛けあっておりますので、明後日出立して貴殿のもとまで参上したいと思います。このような辺境の地、まして山中のご滞在なので手持ち無沙汰かとお察しいたします。
 恐惶謹言。
 11月19日
 坂本龍馬
 加藤於莵之介様
 菊地清兵衛様
貴下


▲ 一番上にもどる