RYOMADNA

3. 山内侍と長宗我部侍

一領具足

土佐藩独特の郷士制度は、関ヶ原の合戦で西軍に加担した長宗我部盛親が土佐国を没収され、かわって遠州掛川の山内一豊があらたな国主として入府したさいにうまれたものです。

掛川5万石から土佐一国24万石に封じられた山内氏は、譜代の家臣と上方で召抱えた諸国の浪人を引きつれて土佐に入りました。

当時、他国からあらたに入国する場合、地元の遺臣を採用して人心を得たのですが、山内氏は長宗我部遺臣を百姓身分に落として支配しました。

そのため生活の道をたたれたかれらは、長宗我部家の再興をもとめて、「一領具足」(ふだんは田畑を耕作する半農半兵の武士)とよばれる下級武士が中心となり、浦戸城に立てこもる一揆をおこします。

これに対し、山内氏は徹底した武断措置でのぞみました。浦戸城に籠城した長宗我部重臣・桑名弥次兵衛とはかり、一揆軍を城外に閉め出しこれを撃破、273人を討ちとります。

さらに、入国の祝賀行事として山内家主催の相撲大会をひらき、見物にきた一揆軍残党73人をとらえると、種崎浜ではりつけの刑に処しました。

こうしたことから、長宗我部遺臣の上層部は国外に出て仕官の道をもとめ、一領具足のほとんどは帰農していきます。

一領具足のなかにも積極的に協力したものや、技能を有するものは仕官をゆるされましたがそれは一部で、不穏な空気の渦巻くなかで山内氏の統治がはじまりました。

郷士の誕生

そこで山内氏は、慶長18年(1863年)に布告を発し、長宗我部遺臣から希望するもの“郷士”として取り立て、香美郡山田村の新田開発にあたらせました。あらたに土地を開墾するかわりに武士の身分をあたえたのです。

これが郷士制度のはじまりであり、かれらは“慶長郷士”とよばれました。

山内氏が長宗我部遺臣の採用にふみきったのは、かれらの生活を助け不満をやわらげる懐柔策と、あわせて新田開発・戦闘員補充という富国強兵策に、役立たせるねらいがあったためです。

しかし、山内家の藩士が“上士”として上位におかれ、階級差別が厳格にしめされていたため、上士と郷士のあいだには激しい対立関係がみられました。

その後も郷士起用は拡充され、長宗我部遺臣の子孫で郷士となったものは、時代とともに増加していきます。しかし一方で、貧困や病気のため、家格と領知を維持することができないものがあらわれてきました。

結果、金銭で郷士株を他家にゆずることがおこりました。郷士株をゆずり地位をうしなったものは“地下浪人”といい、金銭で買い取り郷士となったものを“譲受郷士”といいます。

郷士株の他家ゆずり条件の緩和は、商品経済の浸透による豪農・豪商の台頭と、下級武士の困窮によっていっそう広がりをみせました。

そして、江戸中期の宝暦13年(1763年)には、未開地が多い土佐西部の幡多郡を開墾するため、身分にかかわらず新規郷士の募集がおこなわれました。

これまでは百姓や町人が郷士となるためには、他家からのゆずり受けしかゆるされなかったものが、一定の基準をみたすことで、武士の身分を手に入れることができるようになったのです。

ここにはじめて“町人郷士”が出現し、これ以降郷士の数は増加していきました。このとき起用された新規郷士は“幡多郷士”とよばれ、龍馬の坂本家も明和7年(1770年)にこの郷士株を手にいれて郷士となっています。


 TOP