まにまにまに

江戸遊学

剣術修行

坂本龍馬が剣術を習いはじめたのは、14歳のときのことである。家から近い高知城下築屋敷にある日根野弁治道場に通い小栗流を学んだ。小栗流は小栗仁右衛門正信を流祖とし、新陰流に和術を加えた流派で和術・剣術・居合・小太刀・槍術・薙刀術など諸武芸を教えていた。

剣術との出会いは、龍馬に大きな変化をもたらした。道場の荒稽古に鍛えられ、臆病で気弱な性格は一変。剣の筋はよく、自信をもった龍馬は熱心に修行に打ち込み、短期間のうちに本人もまわりも驚くほどの上達をみせたのである。「龍馬は何度打ちのめされても向かってくるので閉口した」と、師範代の土居楠五郎はのちに語っている。

嘉永6年(1853年)3月、19歳になった龍馬は、師匠・日根野から初伝目録にあたる『小栗流和兵法事目録』をさずけられた。そして、さらなる剣術修行のため、藩庁から15ヶ月間の国暇を許され江戸へと旅立った。

この出立にあたり父・八平は、『修行中心得大意』と題する訓戒状を書いてあたえている。「片時も忠孝を忘れず修行を第一のこと、諸道具に心移り銀銭を費やさないこと、色欲におぼれ国家の大事を忘れ心得違いのないこと」の3ヶ条があり、海援隊隊士の関義臣の遺談によると、龍馬はこれを紙につつみ「守」の一字を自書し、終生大切にしていたという。

『修行中心得大意』坂本龍馬桂小五郎遺墨

 修行中心得大意
一、片時も不忘忠孝、修行第一之事
一、諸道具に心移り、銀銭不費事
一、色情ニうつり、国家之大事をわれ、心得違有間じき事
右三ヶ条胸中ニ染メ修行をつミ、目出度帰国専一ニ候
以上
丑ノ三月吉日 老父(印)
  龍馬殿

修行中心得大意
修行中心得大意

桶町千葉道場

嘉永6年(1853年)4月中旬、龍馬は江戸に到着し土佐藩邸に寄宿した。このときの宿舎について『汗血千里駒』『阪本龍馬』『坂本龍馬』などの伝記は、鍛冶橋の上屋敷としている。しかし、藩主の住む上屋敷内の部屋が、郷士弟にすぎない龍馬へ分けあたえられたとは考えにくい。

のちの安政3年(1856年)に2度目の江戸遊学をしているが、このときは築地の中屋敷に暮らしていたことが龍馬の手紙(「江戸に着仕り、築地屋敷に罷在候」『安政3年9月29日付相良屋源三郎宛 龍馬書簡』)からわかっている。また、築地屋敷にいた武市半平太も、安政4年8月17日付島村源次郎宛の手紙に「龍馬、弥太郎(大石)、私三人同宿に候」と書いていることから、これは間違いない。

これを考えると最初の江戸留学も、鍛冶橋の上屋敷ではなく築地の中屋敷を宿舎としていたとするほうが自然である。ここから龍馬は、京橋桶町にある北辰一刀流の千葉定吉道場にかよって修行にはげんだ。

北辰一刀流とは幕末に隆盛をきわめた流派で、流祖・千葉周作が北辰夢想流と小野派一刀流を統合して創始した。従来の剣術は神秘的な型稽古が中心で伝位が8段階もあったのに対し、周作の剣術は竹刀・面篭手をもちいた技術中心の稽古を導入し、伝位を初目録・中目録免許・大目録皆伝の3段階に簡略させていた。この合理的な指導によって短期間で実力がつき、かつ費用が安く免許状をえられたことから、神田お玉ヶ池の玄武館には多くの門人があつまった。その盛況ぶりは、桃井春蔵の士学館(鏡新明智流)、斎藤弥九郎の練兵館(神道無念流)とともに江戸三大道場ともよばれ、「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」と評されたほどであった。

千葉定吉はその周作の実弟で桶町に道場をひらき、兄の「大千葉」に対し「小千葉」と称されていたという。もっとも、このころ定吉は鳥取藩江戸屋敷の剣術師範をつとめていたので、実際に龍馬を指導していたのは長男・重太郎である。

異国人の首

龍馬が修行をはじめて間もない嘉永6年(1853年)6月3日、天下を震撼させる大事件がおきた。アメリカの東インド艦隊司令官ペリーが4隻の黒船をひきいて浦賀に来航し、アメリカ大統領の国書をもって幕府に開国をせまったのである。

幕府は、前年のオランダ風説書によりペリー来航を事前に把握しており、これまでの外国船同様に追い返そうとした。だが、ペリーはこれを断固として拒否。圧力をかけるため祝砲・号令と称して空砲を多数発射し、無断で江戸湾に侵入し測量をおこなったのである。この示威行動に幕府は狼狽し、回答の猶予を通告するとともに、江戸湾沿岸に藩邸をもつ諸藩に命じてその警備にあたらせた。

このとき土佐藩は藩邸のある品川近辺を担当し、江戸詰めの藩士を動員して9月まで警備をつとめている。龍馬も臨時御用の名目でかり出されており、このときの様子を父・八平に送った手紙に、「異国船はところどころに来ているようなので、戦が始まるのも近いことかと思われます。その節には異国人の首を打ち取り、土産にして帰国いたします。」(『嘉永6年9月23日付坂本八平直足宛 龍馬書簡』)とつづり、攘夷にあつく燃えている。偶然にも黒船を見たことが、その後の龍馬の行動にはかりしれない影響を与えることになったのはいうまでもない。

『嘉永6年9月23日付坂本八平直足宛 龍馬書簡』

一筆啓上仕候。秋気次第に相増候処、愈々御機嫌能可被成御座、目出度千万存奉候。次に私儀無異に相暮申候。御休心可被成下候。兄御許にアメリカ沙汰申上候に付、御覧可被成候。先は急用御座候に付、早書乱書御推覧可被成候。異国船御手宛の儀は先免ぜられ候が、来春は又人数に加はり可申奉存候。
 恐惶謹言。
 龍
 九月廿三日
 尊父様御貴下
御状被下、難有次第に奉存候。金子御送り被仰付、何よりの品に御座候。異国船処々に来り候由に候へば、軍も近き内と奉存候。其節は異国の首を打取り、帰国可仕候。かしく。


[現代語・意訳]

一筆啓上申しあげます。秋の気配が次第に増して参りましたが、父上におかれましては、いよいよご機嫌よろしいこととお慶び申しあげます。千万もめでたいことと思います。私は無事に日々を送っておりますのでご安心ください。兄上のおてもとにアメリカ船来航の一件をお送りしましたので、ご覧いただければと思います。急用でしたので、早書き乱文の手紙となりましたが、よろしくご判読ください。この異国船対応の儀はいったん免じられましたが、来春にはまた動員に加わるものと考えております。
 恐惶謹言。
 龍
 9月23日
 尊父様御貴下
お手紙をくださりありがたき次第と存じます。また金子をお送りいただき、何よりありがたい品でございます。異国船はところどころに来ているようなので、戦が始まるのも近いことかと思われます。その節には異国人の首を打ち取り、土産にして帰国いたします。

黒船来航
黒船来航

砲術修行

嘉永6年(1853年)9月に湾岸警備の任務をとかれた龍馬は、黒船の脅威から砲術を学ぶ必要性を感じたのか、兵学者・佐久間象山の門をたたいている。象山は「東洋道徳、西洋芸術」をとなえる西洋兵学の第一人者として知られ、砲術・兵学・科学・医学と幅広い知識を持つ人物であった。

象山の塾には多くの幕臣や諸藩士が名を連ねており、のちに龍馬の師となる幕臣の勝海舟、「松下村塾」をひらいた長州藩の吉田松陰、「米百俵」の逸話で知られる長岡藩の小林虎三郎、河井継之助、肥後藩の宮部鼎蔵、土佐藩の溝渕広之丞らがいた。龍馬の名前も門人を記録した『及門録』の「嘉永六癸丑歳六月砲術稽古出座帳抄録」12月1日の項目にみることができる。

及門録
及門録(京都大学附属図書館所蔵)
一番右から、大庭穀平、谷村才八、坂本龍馬

しかし、龍馬が象山から教えを受けたのは、わずか4ヶ月と短い期間で終わっている。象山が弟子・吉田松陰の密航事件に連座して、翌安政元年(1854年)4月6日に投獄され、国許の松代での蟄居を命じられたからである。

その後象山は、元治元年(1864年)に一橋慶喜にまねかれて入洛し、公武合体論と開国論を説いたが、7月11日に三条木屋町で河上彦斎らによって暗殺されている。

佐久間象山
佐久間象山

【佐久間象山】
松代藩士。儒学の第一人者である佐藤一斎に朱子学を学び、藩主真田幸貫が幕府の海防掛に任ぜられると、顧問として海外事情の研究を命じられる。西洋兵学を江川英龍に学び、黒川良庵に蘭学を学んで、砲術・兵書・医術をはじめ様々な海外知識を身につけ、「海防八策」を献上した。嘉永3年(1850年)に深川藩邸で砲術の教授を始めると、吉田松蔭、小林虎三郎、河井継之助、勝海舟、橋本左内ら多くの有能な人材が門下生として集まった。安政元年(1854年)、門人の吉田松蔭の海外密航未遂事件に連座して松代に蟄居を命じられたが、元治元年(1864年)幕命で上洛した。公武合体論と開国論を積極的に主張したため、7月11日に三条木屋町において尊攘派の河上彦斎らによって暗殺された。


▲ 一番上にもどる