ryoma:DNA.net

免許皆伝

江戸再遊学

安政2年(1855年)12月4日、坂本龍馬の父・八平が60歳で死去した。母親に続いてかけがえのない人を失った龍馬は、「慟哭食を廃すること数日。安政二年は此の悲痛の裡に暮れたり」(千頭清臣『坂本龍馬』)した。

だが、いつまでも悲しみに打ちひしがれている訳にはいかない。龍馬は父の教え「修行中心得大意」を胸に新たな一歩を踏み出す。

安政3年(1856年)8月20日、22歳の龍馬は、再び剣術修行のため江戸に向かった。7月末に出願していたものが、藩庁から1年間の期限付きで、江戸に遊学することを認められたのである。(参考『福岡家御用日記』)

そして、9月下旬江戸に到着し、前回同様に築地の土佐屋敷へはいった。ここでは武市半平太と大石弥太郎と同宿することになり(『安政4年8月17日付島村源次郎宛 武市瑞山書簡』)、さっそく龍馬は、相良屋源三郎に江戸到着を知らせる手紙(『安政3年9月29日付相良屋源三郎宛 龍馬書簡』)を書いている。

のちに土佐勤王党を組織する武市半平太(瑞山)は、龍馬より6歳年上の28歳。生家は白札格で、土佐の身分制度からすれば上士と下士の中間にあたる。武市は小野派一刀流をおさめ、土佐城下の新町田淵で剣術道場を開き、その謹厳実直さをもって下士たちの崇敬をあつめていた。江戸では京橋浅蜊河岸の桃井春蔵に学び、鏡新明智流の皆伝を受け塾頭に任命されていた。

『土佐勤王史』には「武市瑞山は長身(約180cm)で、鼻は高くエラの張った形の良い顎、目には尋常ではない鋭い輝きがある。顔は青白いほど白く、その表情は滅多なことでは動かず、人は墨龍先生と呼んだ。ひとたび口を開けば、その言説は気高く心の奥底までひびくことから人びとは彼に傾倒していったとある。(「瑞山身長六尺、隆準修腭、眼に異彩あり。其の顔蒼白、喜怒色に見はれず。人あるいは墨龍先生と呼ぶ。一たび口を開けば音吐高朗、人の肺腑に徹す」)

龍馬と武市は親戚関係にあり、龍馬は実直な武市を「窮屈」といい、そのあごが長いことをひやかして「アゴ」とよんだ。武市は龍馬の大言壮語を「法螺」といい、顔のホクロをさして「アザ」とよんだ兄弟のような仲であったという。

武市瑞山
武市瑞山

〔武市瑞山〕
文政12年(1829年)9月27日、土佐国長岡郡の郷士武市正恒の長男として誕生。高知城下で剣術道場を開き、門下には中岡慎太郎、岡田以蔵らがいた。江戸に出て桃井春蔵に鏡心明智流を学び、士学館の塾頭をつとめる。桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作ら尊攘派志士と交流し、「一藩勤王」をかかげて、文久元年(1861年)に土佐勤王党を結成する。帰国後、参政・吉田東洋を暗殺し、藩の実権を掌握した。八月十八日の政変後、前藩主・山内容堂による勤王党への弾圧が始まると同志数名とともに投獄され、慶応元年(1865年)閏5月11日に切腹を命ぜられた。享年36歳。

〔アザとアゴ〕
『維新土佐勤王史』に「門田為之助に向かひ、「坂本の『アザ(痣)』は帰国したとや、定めて大法螺を吹き居るならん」と、龍馬は又瑞山の近状を問いて「『アゴ(顋)』は相かはらず窮屈なことばかり云ふて居るか」とある。

北辰一刀流長刀兵法目録

龍馬は再び桶町千葉道場に通い、さらに北辰一刀流本家の玄武館でも稽古をおこなった。前回とはちがい今回は在籍の記録が残されており、玄武館に入門していた清河八郎が、安政4、5年頃の在籍者309名の名前を記録した『玄武館出席大概』の中に名前を確認することができる。

龍馬の修行期間は安政3年(1856年)8月から約1年間という期限が決められていたが、途中でさらに1年間の延長が認められた。(「御預郷士坂本権平弟龍馬儀、先年以来御暇継ぎをもって武芸修行」参考『福岡家御用日記』)

そして安政5年(1858年)1月、24歳のときに千葉定吉から『北辰一刀流長刀兵法目録』をさずけられた。これは龍馬が北辰一刀流でさずかった現存する唯一の伝書であるが、剣術ではなく薙刀の目録であることがわかっている。連名には千葉周作成政・定吉政道・重太郎一胤に続いて佐那・里幾・幾久と3人の娘がならんでおり、当時としてはめずらしいことから龍馬と佐那の婚約を記念しておくられたものとも伝わる。

北辰一刀流長刀兵法目録
北辰一刀流長刀兵法目録(創造広場アクトランド所蔵)

達人か、凡人か

後世の証言から龍馬は剣の達人だったといわれる一方、小栗流の皆伝書は残されているものの、北辰一刀流では長刀の目録しか見つかっていないため疑問視する意見もあった。しかし、高知県立坂本龍馬記念館の調査によって、北辰一刀流の皆伝書を伝授されていたことを示す文書が確認された。

これは北海道の坂本家から寄贈をうけた関連史料の中から見つかり、坂本家7代当主・坂本弥太郎が明治43年(1910年)8月30日付で、龍馬の甥の妻に書いた遺品預かり書である。北海道浦臼町で開かれた「坂本龍馬遺品展」のため、秘伝巻物として「北辰一刀流兵法皆伝」「北辰一刀流兵法箇条目録」「北辰一刀流長刀兵法皆伝」を借りたことが記載されていた。

ただし、この皆伝書は、昭和4年(1929年)に東京で開かれた「土佐勤王志士遺墨展覧会」の出品目録控に、「附記、千葉周作ヨリ受ケタル皆傳目録ハ全部焼失セリ 於釧路市」とあり、大正2年に北海道釧路市でおきた火災で失われたとみられている。

幻の天下一剣術試合

土佐藩邸御前試合

安政4年(1857年)10月、土佐藩主・山内豊信(容堂)は、江戸鍛冶橋の藩邸に剣客を集めて剣術大会を開いた。審判員は、神道無念流の斎藤弥九郎、鏡新明智流の桃井春蔵(代人・桃井左右八郎)、北辰一刀流の千葉栄次郎、島村伊左尾、石山権兵衛の5名。

出場者には桂小五郎、上田馬之助、海保帆平らが名を連ね、当代一流の剣客たちが参加していた。龍馬も桶町千葉道場の代表として出場しており、島田駒之助なる人物と対戦して勝利をおさめている。

この御前試合の勝敗表は、『海援隊始末記』(平尾道雄著)に記載されているのだが、山内家の記録や異なる史料に記述がないこと、当時江戸にいない人物が出場していることから後世の創作であることが判明している。

士学館撃剣会

安政5年(1858年)10月、桃井春蔵の士学館で千葉家を招いた撃剣会が催された。最強との呼び声が高い長州の木戸準一(桂小五郎)は、数番を制して向かうところ敵なしだったが、諸氏のすすめにより龍馬が立ち会うことになった。

10本の勝負は互角で、11本目に木戸が得意の上段で打ち込んできたところを、龍馬が諸手突きを決めて勝利した。このとき見物人の大歓声で、道場は破れんばかりだったという。

この撃剣会は武市半平太が小南五郎右衛門に宛てた手紙に書かれているのだが、当時桂小五郎は木戸準一を名のっていない、この時期に武市・龍馬は土佐に帰国していることから偽書であることは疑いようがない。

修行満期

桶町千葉道場および玄武館での修行期間を終えた龍馬は、安政5年(1858年)8月頃江戸を出立し、9月3日に土佐の実家に帰りついた。(参考『福岡家御用日記』)

江戸の暮らしを伝えるものとして、帰国する直前に書かれたと推定される手紙が残されている。

『(推定)安政5年7月頃坂本乙女宛 龍馬書簡』

(冒頭)
此状もつて行者ニ、せんの大廻の荷のやり所が
しれん言ハれんぞよ。
此勇のに物ぢやあきに、状が龍馬から来た
けんどまちがつたと
御いゝ可被下候。
(表面)
先便差出し申候しよふ婦は皆々
あり付申候よし、夫々に物も
付申候よし、其荷は赤岡村元作と
申候ものゝにて候。此状もちて行くもの
ニて御座候。めしをたいても
らい候者ニて候。誠ニよき者故
よろしく御取成可被成下候。大いそ
ぎにて候故、御すいりよふ/\。
此節は○がなく候故いけ
なく相成申候。私しかへりは
今月の末より来初めにて
候得共、御国へかへり候はひまど
り可申と奉存候。又、明日は
千葉へ、常州より無念流の試合斗り
(裏面)
申候。今夜竹刀小手のつく
らん故、いそがしく
御状くは敷事
かけ不申候。
 かしこ/\/\
 坂本龍


[現代語・意訳]

(冒頭)
この手紙を持っていく者に「先の大廻船で送られてきた荷物の行き先は知らない」と言ってはいけません。この男の荷物です。手紙が龍馬から来たので、坂本家あての荷物と間違えたと言ってください。
(表面)
先の便で江戸から送りました菖蒲はみな根がついたと聞き喜んでおります。また、それぞれの荷物も到着したと聞きました。
その荷物の一部は赤岡村の元作という者の荷物です。この手紙を持っていく本人です。元作は江戸で私の飯を炊いてもらっていた者で、まことに良い人なのでよろしくお取り成しください。大急ぎでこの手紙を書きましたので、ご推量ください。
最近は金がなくなりましたので、この船便では帰れなくなりました。私の帰国については、今月末から来月初めごろの出立を予定しています。ただし、土佐に到着するのは時間がかかると思います。
また、明日は千葉道場で常陸国からきた神道無念流の剣士との試合があります。
(裏面)
そのため今夜は竹刀や籠手の修繕がありいそがしく、詳しいことを書く時間がありません。
かしこかしこ
坂本龍


 ページトップ