RYOMADNA

誠実可也ノ人物

水戸の遊説家

安政5年(1858年)11月19日、江戸から帰国した坂本龍馬のもとに加藤於莵之助・菊地清兵衛を名のる手紙が届きました。加藤の本名は住谷寅之助、菊池は大胡聿蔵。彼らは水戸藩の尊王攘夷派で、孝明天皇が発した「戊午の密勅」の内容と情勢を伝えるため西南諸藩を遊説している途中でした。(「勅諚御回達之儀ニ付天下之諸侯応ずるや否、探索之為」『吉田健蔵日記』)

「戊午の密勅」とは、この年の6月に幕府が朝廷の勅許(天皇のゆるし)を得ないまま日米修好通商条約を締結したことに対し、孝明天皇が条約調印への呵責と説明を求め、公武合体の推進と攘夷実行の幕政改革を命じ、諸藩へこれを廻達するよう水戸藩に勅書を下賜した事件のこと。

密勅をうけた水戸藩では勅書を廻達すべきとする尊攘派と、幕府に返納すべきとする保守派に意見がわかれます。そこで尊攘派は西南諸藩に決起をうながすため住谷らを派遣、11月17日に一行は土佐の立川関に到着しました。しかし、通行を拒否されたため付近に滞在し、入国の取りはからいを求める手紙を龍馬に送ったのでした。

住谷と龍馬は面識がなかったようですが、幕臣・山岡鉄舟と交流のあった人物を列記した名簿『尊攘遺墨』の中に名前があり、ふたりの接点をみつけることができます。

龍馬は拝顔の上でご相談と返書(『安政5年11月19日付住谷信順、大胡聿蔵宛』)し、11月23日に川久保為介と甲藤馬太郎を連れて住谷のもとを訪問しました。

面談した住谷は、龍馬を「誠実かなりの人物」と評価しながらも「しかし撃剣家。事情にうとく、何も知らない」と政治情勢をまったく知らないことに失望をみせています。また、土佐の内情を聞かれた龍馬は重役として小南五郎右衛門と吉田元吉をあげ、藩主・山内豊信(容堂)の隠居問題によって内紛がおきていることを伝えましたが、住谷を満足させるものではありませんでした。

『住谷信順廻国日記』東京大学史料編纂所蔵

◯安政五年十一月十八日、廿三日
十一月十八日以飛脚奥宮惣次竝坂本龍馬へ書状遣す。
龍馬は近々立川へ尋来候様返書来る、奥宮御城下より本と云十五里計にあると云、返書不来候事。
同廿三日龍馬(二五歳)尋来る。川久保為介(廿一歳)甲藤馬太郎(同)。龍馬誠実可也の人物併撃剣家。事情迂闊何も不知とぞ
一、坂本話
 小南忠左(五郎右カ)衛門 側用人江戸。
(仕置役今江戸)吉田元吉 当君公代蟄居より引上げ用たり。
 大須賀五郎右衛門 先般内用被申付京師へ行候事あるとぞ。
一、当時君公病気申立引込、行々隠居の下知、さすれば先隠居様の子跡式の筈江国とも役人大替りたりと云。
一、隠居様へ万事内わ家中二つに分れ、逐々景気見居り決断の出来候者一人も無之とぞ。目付等へもいろ/\談合是非入国の事周旋の処出来不申事。
一、龍馬帰り是非大須賀尋来候様周旋致呉候筈の所沙汰なし。廿五日龍馬立川出立帰る。三日迄左右待候処何等沙汰なし。予は見切朔日出立。菊池氏は四日出立す。
一、外両人は国家の事一切不知。龍馬迚も役人名前更に不知、空敷日を費し遺憾々々。
一、(二百六十五里)土佐(側用人傑出)小南忠左衛門(当時台場受取に付大坂にあると云)高橋兄弟知識◯奥宮猪惣次(豊田知人会沢へ来ることあり)○(下略)

住谷は参政・大須賀五郎右衛門への周旋を依頼しましたが、龍馬にそのような力があるはずもなく、土佐入国が不可能と知り失意の内に立川関をあとにしました。のちに住谷は「老中の名前さえ知らぬ田舎漢を遥る/\と尋ねいきたるは、愚の至りなりし」(瑞山会編『維新土佐勤王史』)と嘆いたといいます。もっとも、この田舎者が数年後に天下を左右する大策士になるとは想像できなかったようです。

住谷寅之助

尊攘派水戸藩士。安政5年(1858年)、水戸藩に下賜された密勅を諸藩へ廻達するため大胡聿蔵らとともに西国を遊説する。このとき土佐の立川関にて坂本龍馬と面談している。安政の大獄によって蟄居処分を受けるも、老中・安藤信正を襲撃した坂下門外の変を周旋した。公武合体を容認したことから勤王派から敵視され、慶応3年(1867年)に土佐藩の山本旗郎らによって暗殺された。

井口村刃傷事件

文久元年(1861年)3月4日、土佐藩にくすぶる上士と下士の対立を激化させる刃傷事件がおこりました。その夜、桃の節句の酒宴を終えた上士の山田広衛と茶道方の益永繁斎が井口村の永福寺門を通りかかったところで、下士の中平忠次郎と出会い頭に突きあたりました。

中平はわびを入れて立ち去ろうとしましたが、相手を軽格とみた山田は承知せず無礼を散々に罵倒しました。やがて口論から双方ともに抜いて斬り合いましたが、山田は江戸で千葉周作の玄武館で修行し「土佐の鬼山田」といわれたほどの腕利きであり、たちまちに中平を斬り捨てました。

このとき中平と一緒にいた宇賀喜久馬は逃げかえり、ことの次第を中平の兄・池田寅之進に知らせました。池田は押っ取り刀で現場に駆けつけ、小川で水を飲んでいた山田を背後より斬り伏せ、さらに近家から提灯を借りてきた松井も斬り倒しました。

池田が弟の遺体を戸板にのせ家に運ぼうとしたとき、上士の諏訪助左衛門、長屋孫四郎が現場にあらわれました。親族といえども役人の検分が終わらないうちに死体をみだりに動かすことは禁じられており、その処置を咎めます。池田は弟の遺体を寺の門前に返し、あらためて山田・益永は山田家に中平は池田家へと引き取られました。

翌朝この事件は人びとの知るところとなり、上士と下士とがそれぞれの家に集結。両者は対決する気勢をあげ、城下は騒然となりました。

瑞山会編『維新土佐勤王史』富山房、大正1年(1912年)

偶ま井口村刃傷事件起り、下士池田寅之助なる者、実弟の殺されし其の場に、当の敵なる上士の剣客山田広衛を倒し、従容として屠腹したるが、坂本等一時池田の宅に集合し、敢て上士に対抗する気勢を示したり

このままでは両陣営の衝突は避けられない状況のなか、老功の者があって「池田も既に本望を達した以上は、今更命を惜しむには当たらぬ。さりとて山田の方へオメ/\池田を渡さるゝ者でもない。こゝはモウ池田が潔く自殺して、武士の意気地を立てるの外はあるまい」と池田と宇賀の両名が切腹することで事態の収拾をはかりました。(佐佐木高行『勤王秘史佐佐木老侯昔日談』)

龍馬の伝記『汗血千里駒』には、龍馬が切腹した池田の血潮に白い下緒をひたし、朱に染まったものをみせながら「みんな見ろ。これが益荒男の魂が込められた最後の形見だ。池田は我ら軽格の元気を奮い立たせるために自ら犠牲となったのだ。決して姑息に流れるな。尽くせよ尽くせ国のため」と結束を誓い、元の刀に結いつけると家内のものに会釈して悠然と立ち去ったとあります。

坂崎紫瀾『汗血千里駒』春陽堂、明治18年(1885年)

此時池田の宅へ馳つけし有志の一人に坂本龍馬と云う人あり。始め池田兄弟と無二の友垣なりたりしも、央頃互いに論しの適ねば其交際を断ちたる折から該騒動を聞きしより、他に見るべき時ならずと諸有志と供に池田方に来たり。池田が割腹論を大に賛成し、寔に武士は斯こそありたけれと、更に之を禁ず。頓て寅之進が割腹の血汐へ己が刀の下緒(白糸なりしと)を浸し、韓血となりしを手に把りて「各々見られよ、之れぞ世にも猛男が魂魄残りし最期の記念。池田は我国軽格の元気を振興させんが為め身を犠牲に供したり。努々姑息に流るゝなかれ、蓋せよ蓋せ国の為」と押載きて元の如く刀に結つけ、家内の者に会釈をなして悠然と立去し。其挙動には一同感じて竭まざりし。是ぞ汗血千里駒が驥足を舒る開結なり。

1 2


 TOP