RYOMADNA

誠実可也ノ人物

安政の大獄と井伊暗殺

安政5年(1858年)4月に大老に就任した井伊直弼は、孝明天皇が水戸藩に勅書を下賜した戊午の密勅事件をきっかけに、将軍継嗣問題で対立していた一橋派大名および日米修好通商条約の調印を批判をした公卿・諸藩士に対する弾圧をはじめました。いわゆる安政の大獄である。

井伊直弼
井伊直弼
井伊直弼

幕末大老、近江彦根藩主。もとは部屋住みだったが、兄・直亮が死去したため彦根藩主となる。安政5年(1858年)に大老に就任すると、継嗣問題では一橋慶喜をおさえて徳川慶福(のち家茂)を第14代将軍とさだめ、勅許を得ないまま日米修好通商条約を調印するなど強権をふるった。これに反対した一橋派大名や尊王攘夷派を一掃するため安政の大獄を断行。安政7年(1860年)3月3日、水戸・薩摩浪士の襲撃を受け桜田門外にて暗殺された。

黒船来航後の幕府内部では、第13代将軍・徳川家定の後継をめぐって徳川慶福(徳川家茂)を擁立する南紀派と一橋慶喜(徳川慶喜)を擁立する一橋派の対立がおこっていました。

南紀派は彦根藩主・井伊直弼を筆頭に譜代大名、大奥が支持し、幕府独裁の強化をはかろうとしていました。これに対し一橋派は慶喜の実父である前水戸藩主・徳川斉昭を中心に親藩、外様大名からなり、英明な君主のもと雄藩連合政権をめざしていました。

両派の争いは南紀派が勝利し、将軍・家定は井伊を大老に任じます。大老は非常時にもうけられた最高職で老中の上におかれていました。井伊は慶福(家茂)を将軍のあと継ぎに決定すると、孝明天皇の勅許を得ずに日米修好通商条約を締結して開国にふみきりました。

この違勅調印に対して一橋派の徳川斉昭(水戸)、松平慶永(越前)、一橋慶喜(一橋)らが一斉に登城し井伊を厳しく責め立てました。しかし井伊は巧みに追及をかわすと、逆に彼らの不時登城をとがめ隠居・謹慎の処分を命じました。

こうした井伊の独裁強権に激怒した孝明天皇が譲位を表明したため、朝廷は幕府をいさめる趣旨の勅諚を水戸藩に下賜し諸藩への廻達を命じました(戊午の密勅)。この勅諚は正式な手続きを経ていないため密勅とよばれていますが、数日後に同様の勅諚が幕府に下されています。

井伊は幕府の権威をないがしろにする行為に一橋派・尊王攘夷派の一掃を決意し、徹底的な弾圧をおこないました。その結果、伊達宗城(宇和島)、山内豊信(土佐)、堀田正睦(佐倉)らが隠居謹慎。左大臣・近衛忠煕、右大臣・鷹司輔煕が辞官落飾、前関白・鷹司政通、前内大臣・三条実万が隠居落飾に処せられました。

殊に水戸藩への処分が最も苛酷で、家老・安島帯刀、京都留守居役・鵜飼吉左衛門父子、奥右筆頭取・茅根伊予之介は死罪、藩主・徳川慶篤は登城停止、前藩主・徳川斉昭は国許永蟄居という処分が下されました。その他に橋本左内(越前藩士)、吉田松陰(長州藩士)、頼三樹三郎(儒学者)が斬刑となり、連座したものは100余名をこえました。

井伊は反対派を徹底して排除することで幕府の権威を強化しようとしましたが、この大弾圧に対する反動も大きいものでした。安政7年(1860年)3月3日、江戸城桜田門外で水戸・薩摩浪士18名が彦根藩の行列を襲撃し、井伊を暗殺した(桜田門外の変)のです。

白昼堂々と大老が殺害されるというこの事件は、幕府の権威を大きく失墜させました。また、下級武士たちから幕府に対する恐れを消しさり、これ以降尊王攘夷運動が激化していき「天誅」という名の暗殺の嵐が吹き荒れていきます。

この知らせが土佐に伝わったとき、快挙と喜ぶ者もあれば国法を破るものだと非難する者もありました。だが龍馬は「諸君、なにをそんなに興奮することがある。彼らは臣下としてやるべきことをやっただけである。俺もまた他日ことにあたる時は、このような働きをするつもりだ」と語り、郷士仲間はその大志を知ったといいます。

瑞山会編『維新土佐勤王史』富山房、大正1年(1912年)

而して坂本龍馬後れ至るや、其の水戸人と交りあるを以て、事の顛末を質すに、龍馬略ぼ知れる所を語り、惣ち大言して曰く、「諸君何ぞ徒らに憤慨するや、是れ臣下の分を尽せるのみ。我輩他日事に当る亦此の如きを期せん」と。池(内蔵太)、河野(万寿弥)等始て龍馬の大志を抱くを知れりと云う。

1 2


 TOP